福野夜高祭(2009年5月2日)



福野は富山県南砺市(旧東砺波群)にある小さな町だ。母の実家があり私はここで生まれた。5月1日、2日に開催される夜高祭は子供のころから慣れ親しんできた。行灯の山車が、夜になると拍子木を打ち鳴らし歌を歌いながら、福野の町を練り歩く。年齢によって大行灯、中行灯、子行灯と大きさも異なる。
 開催日が必ずしも休日ではないので、大人になって地元を離れてからはなかなか見る機会に恵まれなかった。以前最後に見たのは子供たちがまだ小さいころだから、おそらく10年数年も前のことだろうか。今年は2日が土曜日にあたったので、昼間に移動し夜には祭に間に合うことができた。
 2日目の見所は何と言ってもフィナーレを飾るケンカである。細い路地ですれ違うときにお互いに相手の行灯を破り合う。もちろん、参加できるのは大人の大行灯だけだ。夜中の0時過ぎになるので、子供のころは夜が遅いことと危険だということもあって見せてもらえなかった。前回初めて見る機会があったのだが壮絶な様は一目に値する。
 少し時間があったのでいったん戻って出直してみたら何とケンカはすでに終わっていた。今年は開始が少しはやかったらしい...、残念。

090502002_thumb.png
090502014_thumb.png
090502016_thumb.png
笛や太鼓は今は子供たちが主役のようだ
090502019_thumb.png
090502022_thumb.png
090502027_thumb.png
090502032_thumb.png

金髪のお兄さんの鉢巻姿、時代の流れを感じさせる
090502033_thumb.png
曳き手の数が昔に比べて少ないと感じてしまう
090502034_thumb.png
ショーウィンドウにはミニ行灯、昔は目にすることがなかった
一つ5万円とか
参加する7つの町内
 上町
 新町
 七津屋
 御蔵町
 辰巳町
 浦町
 横町

(御蔵町は中立でケンカには参加しないそうだ)
行灯の前に輪になって座り、歌いながら、一升瓶をラッパ飲みしながら、次第に士気を高めてゆく  静かに戦いを待つ行灯たち
090502061_thumb.png
090502076_thumb.png
090502092_thumb.png
090502099_thumb.png
戦いが終わった行灯たち 下の飾りが横転しているもの ズタズタに破れているもの 結果も様々だ
090502107_thumb.png
090502121_thumb.png
090502122_thumb.png
 過去の画像
1968年5月2日

68050201_thumb.png

PENTAX SP で撮ったものと思われる(ネガプリントをスキャナーで取り込み)
1985年5月2日

850502001_thumb.png

 フィルムスキャナーで取り込み(日付が写りこんでいるのでコンバクトカメラで撮ったものと思われる)
1985年5月2日

850502003_thumb.png

 昔は笛や太鼓の演奏はおじさん達だったと思う
1985年5月2日

850502010_thumb.png

 昔は見物客も多く、曳き手の熱気も強く感じたのだが
1985年5月2日

850502013_thumb.png
 
 今は人数制限があるようだが、昔は上に乗る人も多かった




スライドショー